2014年12月25日木曜日

民藝で少しおしゃれに暮らしたい!


皆様、こんにちは。

 

突然ですが、皆様は普段の暮らしになにかこだわりをお持ちですか。

お米は土鍋で炊く!とか靴を磨くオイルとブラシはこのメーカーでする!とか。

こだわりが日常すぎて話してみないとそれが人から見たらこだわりだったということもあるかもしれませんね。

 
ここ最近、私は民藝(みんげい)というものに興味を持っています。おしゃれな雑貨屋さんにいろいろ並んでいるのであれもこれも欲しくなります。

使いこなすことができるかなあと考えなおしてあきらめてしまうことが多いのですがこれならば使えるかもというのは器です。

 
湯のみをいただく機会がありそれを大切に使っています。湯のみがこんなにも心弾ませてくれるものならば普段使いの器も少しこだわってみたいと思った次第です。

早速、民藝の本を読んで日常的に使える器について調べてみました。





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フクギドウというお店の本があります。こちらは弊社から徒歩でいける生活雑貨のお店です。
そのお店がイベントをするということで行ってきました。

熊本県の小代焼ふもと窯『井上尚之のうつわ展』。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
井上尚之さんと言えば、スリップウエアが代表的な作品のひとつです。
 
スリップウエア・・・板状の陶工にスポイトなどで
絵を描いて装飾する技法。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店主の表さんと三上さんの軽快なトークが楽しくてしばらくお店に居座ってしまいました。

ひとつひとつ手作りなので同じように作っていてもどこか違うというところにも弱いのかもしれません。

いろいろ助言してもらい18cmぐらいのお皿をまずは1枚購入しました。

盛る量や色合いを考えるのも楽しそうです。

この飴色のお皿には緑のものが特によく合うそうです。

本の中で沖縄県の読谷焼(やちむん)などの歴史にも触れました。歴史や作り手を知るとその土地に行ってみたくなります。やちむんについても先日展示会がありお店に居座ってしまいました。力強い感じが大好きです。

作り手を知るとどんな土地で作られてるのだろうとその土地に行ってみたくなります。
熊本、沖縄、大分、石川、長野と気になる場所が盛りだくさんです。

器の価値の良しあしはわかりませんが自分がいいなと思ったものをコツコツ集めてみようと思います。
これからどんな器に出会っていけるのかわくわくします。


民藝に興味を持ったというごく私的なお話しにおつきあいくださいましてありがとうございます。
忘年会も多くなるこの季節、お酒の飲み過ぎにはお気をつけくださいませ。

お酒を飲むと土偶のような顔になる川合が担当させていただきました。

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿