2017年4月24日月曜日

我が家の愛犬紹介

我が家の愛犬(キャバリア・キングチャールズ・スパニエル)を紹介します。

名前はラン:女の子(12歳)ブレンハイム(赤茶色と白色)とレオ男の子(7歳)トライカラー(黒色と白色)の2匹です。今年3月の弊社グループ会社のサザンモール六甲でのイベント 飛行犬撮影会の時の写真です。ラン(左)、レオ(右)


ランの紹介
非常に人懐っこく近所の愛犬家からも、大変可愛がられており、散歩の時には良くおやつを貰っております。私もランのおかげで近所に知り合いも多くなりました。ランは犬には珍しく一人っ子で、そのせいか非常に独占欲が強く甘えん坊です。
※今年の飛行犬イベントのポスターの掲載して頂きました。(喜)


ランのエピソード
①飼い始めた頃、風呂上りに上半身裸でテレビを見ていた時、私に寄り添うように寝始めたのですが、突然私の乳首を吸ってきたので思わず、「何しよんねん!」(大阪弁ですみません)とびっくりして頭をどつきまわしたことがあります。
②ランを連れて夫婦で買い物に行った時、何故か当然のごとく私が買いに行かされ、女房とランは車の中で待っているのですが、女房曰く、「車の横を頭の禿げた汚らしいオッサン通ると、あんたや思ってフゥーン、フゥーンと鳴いてるで。」(汚らしいは余計やろ!)
③唯一の欠点は、独占欲が強すぎるのか、一度口に入れたものを取ろうとすると怒り狂い、まじ噛みしてくることです。時には赤くはれ上がることもあるので、破傷風の予防注射を受ける破目に。
今年噛まれた写真です。過去、最高の痛み!



レオの紹介
同じ犬種なのにランとは性格が正反対で、非常に怖がりで臆病者です。我々夫婦以外には見向きもしません。そのため、ランを可愛がってくれる愛犬家からも相手にされず、「牛みたい」と笑われる始末。しかし、非常に素直で優しい犬です。


レオのエピソード
①あまりの怖がりで、初めて病院に行った時、緊張し過ぎて40度の発熱で予防注射を受けられず。肉球が汗びっしょり(犬が発熱するとこうなるそうです)。
②オス犬は片足を上げて排泄、メス犬は四つん這いで排泄するのですが、家で飼うのでレオに女の子の排泄を躾てもらうことと、社交的になるよう犬の幼稚園に1年間通わせました。オシッコは女の子流でしてくれるます。しかし、生まれ持った性格までは如何ともしがたく・・・・・
③非常に毛深く耳の毛も長いことから、最近はよく「又吉」みたいと言われております。


ランとレオには、頑張って長生きしてほしいものです。

以上



0 件のコメント:

コメントを投稿