2018年11月20日火曜日

小泉製麻へいらっしゃいませ 💁

2回目のブログです。Sです。
今回は小泉製麻におこし頂く皆様に道案内をしたいと思います。
時々お客様で事務所がどこか分からないと迷われていることがあります。
そこで阪神新在家駅から弊社受付入口までのご案内をしたいと思います。
まずは阪神「新在家」改札(改札は1つです。)を出るところから・・・
 改札を出たら南方面へ進みます。(北方面に行くとJR六甲道🚉です。)


 





右にスーパーマルナカがあります。









マルナカを過ぎると43号線新在家交差点
(阪神高速の高架下)が見えます。
あっ!!交差点の向こう側にサザンモール六甲B612の看板が見えます。
歩道橋を渡って下さい。

 アクタスの東角に以前は小泉製麻の案内がありましたが今はありません。
歩道橋から来ると見えないし、分かりにくかった。
右に43号線、左にアクタスの壁を見ながら西へ進んで下さい。


 アクタスの壁が切れた角を左に曲がって進んで下さい。

曲がると正面に階段が見えます。階段の手前に案内が・・・
階段を上がると左に玄関があります。
 自動ドアを開け中へお進み下さい。また自動ドアが・・・ひつこい!!
階段もしくはエレベーターで3階へお上がり下さい。







3階廊下をお進み下さい。

廊下右側に小泉製麻受付入口があります。
小泉ビジネスソリューションもこちらからどうぞ~)

一番奥はサザンモール六甲 の受付入口になっています。


いらっしゃいませ💁


2018年11月13日火曜日

とある夏の思い出

久々のブログ登場です。

ブログタイトル、迷いに迷いました!
が、日々九州一円を走り回っている中で、そうそうこんなこともありましたなと。

すっかり冬になりましが、、この夏いかがお過ごしでした??

もう2,3ヶ月前の話だから忘れちゃいましたか。

このブログにも弊社社員の夏の思い出ちらほら出てきました。
山登り🗻とか、キャンプ⛺とか、ウ○トラマンとか!!!!
楽しい思い出ばかり、、、


すっかり気温が下がった今日この頃。
皆さんお忘れではなかろうか。
そう、今年の夏は“猛暑”だったことを。

水風呂に延々と浸かっていたいくらい激しく暑かった毎日!!


そんな気持ち、コンクリートも同じなんです。

直射日光ガンガン当たってると、
急激な乾燥により表面にひび割れが発生しちゃうんです💥💥💥
コンクリートもお肌のケアが必要なのです。

そんなお肌(※コンクリートの)ケアにはこれ!!
↓↓↓↓↓

コンクリート養生シート「CURE-RIGHT」
 
「CURE-RIGHT」がお肌の悩みを解決します!
①乾燥によるひび割れの抑制
②表面圧縮強度のUP

更に、抜群の保水力を持っているので、
コンクリ表面を常に湿潤状態に保てる優れもの。

昨年7月の建設資材展@東京ビッグサイトで衝撃のデビュー、
そしてLIVEを待ち望んでいたファンの方々。
あざすっ!!

この夏「CURE-RIGHT」野外ステージデビューしちゃいました✨
(※現場で使用して頂いたという意味です。悪しからず。)

養生中





























九州某県での現場工事にお呼ばれしましたが、
この日も激しく暑い猛暑日🌞
太陽サンサン降り注ぐ中、効果を発揮しておりました。

十分な量の散水を行った後に、シート敷設。
1回の水を吸えば約7日間湿ったまんま、追加散水必要なし。

毎日毎日ドバドバ水を流し続けなくていいので、
経済的+省力化にも繋がります。水資源は大事。

ご興味のある方は、是非下記までお問い合わせください!

本社 開発マーケティング室:078-841-9343
福 岡 事 業 所       :092-474-8300
東 京 支 店           :03-5227-5325

2018年11月5日月曜日

寒くなってきました。愛菜の出番がやってきました。

みなさんこんにちは!東京支店のSです。

東京では朝晩、肌寒くなる日が増えてきました。


ついこの間まで猛暑で屋外での運動を控えるようにと、
連日警戒予報が出てた事がうそに感じられます。


秋と言えば私の場合はスポーツで、ロードバイクで週1~2回ですが、荒川河川敷をメインに走ってます。







この荒川河川敷ですが、日本一の川幅を誇っているようでそれを利用し、色々なスポーツができるグランドやコートが整備されておりサッカー、野球、フットサル、ラグビー、グランドホッケー、テニス等、果てはゴルフ場やオフロードバイクレース場やスカイダイビングまで、川に沿う歩道は道幅が相当に広くランナーやローラーボーダー、私の様なライダーと多種多様なスポーツを広範囲で楽しめるエリアであり、近隣住民の心身を養う貴重な場所となっております。おそらく世界でも例を見ないエリアでしょう。



つつじの季節は河川敷で癒されます












 又、整備が進んではいますが、野生生物も多数居住してるようで路をのんびりと横切る亀や、土手でリラックスしているように思われる野鳥の雉に出くわしたりで、都心の近くとは思えない事も多々あります。


この皆さんの憩いの場所の土手の草花の養生に使われたのがバロン愛菜です。


元々、寒を和らげ露地の葉物野菜を立派に育てていく事が目的の製品ですが、その保温、透明度がこんな意外な場所の保持に役立てる事が出来ました。

寒さの到来と共にいろんな場面での活躍を期待してます。